錬心2004年度  kounan_ken@yahoo.co.jp 

「剣道の楽しさ、剣道の面白さ、剣道の難しさ」                                         伊東 廣明 教士七段
                                                                        

 港南剣友会稽古心得に「正しい剣道を真剣に楽しく興味を持って学ぶこと」と有ります。中学、高校時代の校長先生が範士八段で「二刀流」、師範が範士七段で「片手半面」が得意技の一つでした。現在の自分自身を見ると、二刀を使ったり、片手半面を使ったりしています。特に、二刀は「子供剣道祭り」にだけ楽しんでいます。子供時代の思い出が詰まっているからです。正しい剣道では無いと批判があった、佐藤先生との「短い竹刀で片手半身の構え」での試合、誰もが「あれっ?」と思ったことでしょう。あの気構えが活きた試合がありました。それは、「全国高年齢剣道大会」です。今年も全国から剣道好きの55歳から最高95歳迄の先生が440名も参加しました。私は「65〜69歳の部」に出場しました。予選リ−グ一試合目は、東京の先生に一本目コテ先取、二本目は、相手が上段をとった。ヨ−シ!これで勝ったぞ。上段の構えに対して気持に余裕があった。霞に構え軽くコテを抑えた。完勝だった。数少ない佐藤先生との稽古、更に相田先生との上段との稽古が活きた試合だった。二試合目は、徳島の先生と対戦し、幸いにもメン二本連取。昨年までは一勝も出来なかったので、今年はまず一勝することが目標だったので上々の出来であった。決勝ト−ナメントは、午後開始。対戦相手をみて、あと二つ、三つは勝ち進めると思って臨んで開始ニ試合目、見事メンを二本連取されてしまった。午後の動きは、午前の動きとは明らかに違っていた。午前中は、ベストをつくように心掛けていたが、午後は勝とうと思った。「勝とうと思うな!思えば負けよ!」どこかに余分な力が入っていたのかも知れない。剣道の難しさを感じた試合でした。それにも増して、それぞれの試合後お互いの健闘をたたえ、再会、再戦を誓っての挨拶がとても清清しく感じた。剣道の楽しさである。負けて悔しくて挨拶も出来ない人が、何となく心の小さい人に見えるから、剣道って不思議で面白いですね。今年は、8月に福島県での「相楽杯関東・東北剣道大会」に団体戦の選手として選ばれているので、新しい出会い、楽しい出会いが、また増えることと思います。


「港南剣友会一年を振り返って」                                                                                                   坂ノ上 誠 師範
                                                                                                                                

 私が港南剣友会に参加させていただいて早いもので一年が経ちました。数年前より桜岡小学校で剣友会の皆様が活動されているのは知っていましたが当時平日は会社での稽古で手一杯で、また大会、強化練習会、遠征等で土曜、日曜を利用して行っている為、正直言いまして、たまの休みはゆっくりしたいと思っておりついつい稽古されているのを横目に素通りしておりました。そんな私ではありますが、昨年桜岡小学校に入学した息子が港南剣友会で剣道を始めたのをきっかけに、最初は稽古を覗くだけにしておくつもりが、指導されている先生方、ご父兄、一般の方々、子供たちの一生懸命、真剣に剣道に取り組まれている姿に自分も改めて感化され、今では港南剣友会での稽古が待ち遠しくさえ感じられ、まさに「交剣知愛」と言う言葉を身を持って実感しております。
 今年から港南剣友会の指導者に加えていただき責任の重大さに痛感しており、また私自身、まだまだ未熟で修練途上の身ではありますが、皆様と一緒に修業に励み、剣道修業の難しさ、厳しさ、そして素晴らしさを共に分かち合えればと思っておりますので宜しくお願い申し上げます。
「稽古では厳しく・稽古後は楽しく」」で頑張ります。


「港南剣友会の誕生から35周年の足あと」                                                                                        吉野 正 5段
                                                                                                                               

 第35回剣道練成大会を開催できましたことを心からお慶び申し上げます。これは指導にあたる先生方と父母会の支えがあってこその成果と存じます。ここで少々港南剣友会の歴史を記録させていただきたいと思います。出発は新しく港南区が誕生してまもなく、昭和45年7月に杜 文吉先生を会長として港南剣友会を誕生したと聞いております。また、誕生から今までご苦労された伊東先生には誠に感謝を申し上げる次第です。今まで一番に剣道ブ−ムと成ったのは昭和50年頃に映画でブル−ス・リ−の格闘技が人気となり、子供たちの剣道人気は一段と高まりました。そのころ私も2段に昇進し、指導者が足りない?為、子供たちの指導のお手伝いをやらせていただくようになりました。その当時は、個性豊かな先生方が多く、指導方法も熱意の余り激論が飛び交う委員会となったものです。(少々アルコ−ルも入っていましたが・・・・)
 剣友会の組織については子供たちの指導を先生方で、大会準備や日常の運営は後援会長の高橋源寿氏が数名のお母さん方と一緒に裏方を支えていました。高橋氏の「青少年の育成の為に剣道を普及させたい」という熱意が今の運営委員会組織に継承されていると思います。当時の剣友会の子供たちはおおらかでノビノビした試合をやり、いつも各大会で入賞していた記憶があります。
 駆足で今までの歴史を簡単に記録すると以上のようになりますが、私はいつのまにか30年間も港南剣友会お世話になっていました。途中、3度も健康管理を怠り病院のお世話となって剣道ともお別れかなと思いました。しかし各先生方のご指導により予想外の5段審査に合格する事が出来ました。これからの人生では健康が続く限り港南剣友会のお手伝いをさせて頂きたいと思います。最後に、初心者の皆さんにお願いしたいことは、すり足・足さばきは家でもできるので続けるようにして下さい。そして将来立派な剣道の「足あと」を残してください。


                                                                                                                                              吉田 紀茂 5段
                                                                                                                               

 2004年は、基本の練習を続ける年でした。自分の剣道を見直し始めてから10年が過ぎました。先生方からの指導をもとに練習に励んで来ましたが、なかなか癖が直らず苦労してあせるばかりの日々を過ごしています。
 また、子供に教えている基本を自分が出来ないのでは話になりません。これからも、頑張って一生懸命練習していきたいと思います。


「剣道と私」                                                                                                                                 岡部 講一 3段
                                                                                                                               

  が剣道を始めたのは、46歳を過ぎてからです。今振り返って見ると、剣道をやろうと思えば幾度となくその機会はあったと思いますが、全く興味が沸かなかったし、一生縁の無いスポ−ツ(武道)のひとつと思っていました(実際はそういう考えそのものがありませんでした。)
 ところが、一番下の娘が小学1年生の時に港南剣友会に入会し、妻からは稽古の送迎ぐらいの面倒はみてくれと言われて、仕方なく送り迎えをするようになって九ヶ月程過ぎた頃に、吉野先生から「お父さんも一緒にやられたらどうですか、剣道は柔道と違って年相応に出来るので、年取ってからも出来ますよ。」と言われ、やる気のなかった私としては「この歳から始めても」とお茶を濁しましたが、翌週には早々稽古着と袴を持ってこられ、「体験でやってみてください。嫌なら止めればいいじゃないですか。」とわたされたのが平成9年11月でした。
以来、緒先輩方から「肩の力を抜いて」「竹刀は左手で」等々毎回同じような指導を受けて7年が過ぎました。
寄る年波の速さに技量が追い着かずアップアップしていますが、気づいたらどうやら剣道が私の生活サイクルの中の一部としてくみこまれたようです。
 かくなる上は、少子化等の悪条件下、港南剣友会が何時までも引き継がれていくように微力ですが、お手伝いしていきたいと思う今日この頃です。
今後とも宜しくお願い申し上げます。


「子供と私」                                                                                                                                 小川 俊宏 4段
                                                                                                                                

 子供の付き添いをきっかけに、27〜8年ぶりに竹刀を握り、1年程に成りました。まだまだ体を慣らすことに精一杯で、日頃の健康管理の大切さを痛感しています。また、何事もそうですが、基本の重要さを再確認しています。中高校のクラブ活動では、基本よりもどうしても勝負中心で、ここで改めて基本からやり直している状況です。
 さらに、「剣は心なり、心正しからずんば剣又正しからず・・・・・」と言う事も非常に大切で、子供達にもしっかり教えていけたら・・・(父親としても)と思っています。
 最後になりましたが、日頃お世話になっております先生方や父兄の皆様に感謝申し上げます。どうも有難うございます。これからも宜しくお願い申し上げます。


「総務の一年間の思い出」                                                                                                                 矢野 知亜紀
                                                                                                   

先生方にはいつもお世話になっております。この一年で、小学校低学年や大人の会員が増え、活気溢れる港南剣友会となってきました。そこで昨年は桜岡小の体育館をお借りしての合宿を試みました。多くの先生、子供、一般の会員の方々のご参加を頂き、盛況に出来ましたことを喜ばしく思いました。みっちりとお稽古をし、その間にレクレ−ションを取り入れ、緩急ある内容となりました。すいか割りや花火なども子供たちのいい思い出になったに違いありません。
父母会の活動としましても、人数が増えたことは大変助かります。子供祭りや練成大会には是非お手伝い頂き、また、日々のお稽古時にも会員の子供たちを自分の子のように見守って頂きたいとおもいます。今年度もより一層皆様が精進されていくことをお祈り申し上げます。


「始めての夏合宿」                                                                                                                     石井 悦子
                                                                                                                       

昨年は、大変皆様にお世話になりました。会の運営では、新たに夏合宿と言う課題に取り組み何とか、皆様の協力で成功に終わったと思います。子供達にとっても体育館に寝泊りして剣道の練習をした思い出が小さな記憶となって残ってくれれば幸いです。最後に、会の運営では先生並びに、お母様方に並々ならぬご協力を賜り、ここに御礼申し上げますと同時に、今後も子供共々宜しくお願い申し上げます。


「試合と私」                                                                                                                      北村 智香 5年
                                                                                                                     

私は、先生に注意されたことをしっかり直して試合で生かせるように、努力していきたいです。


「剣道の思い出」                                                                                                                 廣田 雄哉 5年
                                                                                                                       

去年は、日本武道館(7月24日)の全日本武道練成大会に補欠で出場しました。大きな武道館を入場行進できて気持ち良かったです。こんどは、試合に出れるよう頑張ります。


「去年のぼく」                                                                                                                      石井 将人 5年
                                                                                                                         

僕は、去年は何回か試合に出ましたが、なかなか勝てませんでした。先生からは「石井は粘って粘って最後まで諦めない剣道をしなさい」といわれています。少しでも粘れる剣道をするよう頑張ります。


「剣道始めて1年」                                                                                                                 小川 弘貴 5年
                                                                                                                                           将貴 3年
                                                                                                                       

僕は、3年生の終わりごろから剣道を始めました。でもなかなか上手くいかないので、もっと練習して試合などにも、勝てるようにしたいです。(弘貴筆)


「今年は3級」                                                                                                                       矢野 雄大 4年
                                                                                                                      

去年初めて試合にでました。三回でましたが、勝った思い出は余りありませんでした。今年はもっと勝てるように頑張ります。春の審査で4級を取ったので、秋の審査では3級に成りたいです。


「素振りはまっすぐに!」                                                                                                         北村 怜香 3年
                                                                                                                     

わたしは、竹刀をまっすぐにふるように頑張りたいです。

「目標」                                                                                                                                 石井 雄大
                                                                                                                       

目標は、お兄ちゃんに勝つことです。以上、頑張ります。


                黒田 美保子                                      黒田 大河 2年